一般社団法人はなそう基金 会員規約

はなそう基金 > はなそう基金について > 会員・パートナーについて > 一般社団法人はなそう基金 会員規約

【活動会員】(英名:Active Contributors)

  1. 活動会員とは
  2. 活動会員とは、一般社団法人はなそう基金(以下「当法人」といいます。)の使命・設立目的にご賛同いただき、誠実さを旨として、その事業に協力し、それらに係る活動(以下「各種活動」といいます。)に実務面でボランティアとして参加してくださる個人および法人その他の団体で構成されます。
  3. 活動会員の申込手続き
  4. 当法人が随時募集する各種活動に対して、当法人が別途指定する書面(電子メールや当法人のウェブサイト(以下「本ウェブサイト」といいます。)上の簡潔なやりとりによるお申し出もこれに含みます。)にて活動会員へのお申込をいただきます。当法人において審査を経た上、活動会員として認定する場合は、別途ご連絡致します。
  5. 活動会員としての認定
  6. 代表理事による一般告知(本ウェブサイト上の告知を含みます。以下同様です。)をもって、活動会員になっていただいたことを認定した証といたします。
  7. 活動会員としての入会金・会費
  8. 当法人の活動会員となるにあたり、入会金や会費は無料といたします。
  9. 活動内容・活動規範等
  10. 代表理事が各種活動ごとに別途説明し、又は指示する規範や作業内容等(電子メールや本ウェブサイト上の簡潔なやりとりによる説明もこれに含みます。)にしたがって各種活動にご参加いただきます。
  11. 活動会員となることによるメリット
  12. お名前を一般告知させていただき、謝意を表明いたします(お名前の一般告知を希望されない方については、除きます。)。また、当法人全体の運営内容や財務状況、検討事項等の情報共有をさせていただきます。
  13. 活動に伴う責任の所在
  14. 活動会員は、自己の責任と費用負担で各種活動に参加するものとします。ただし、費用については、第8項に基づき別段の定めがある場合はこの限りではありません。活動会員が、各種活動において、損害を被り又は費用を支出した場合であっても、当法人は何ら当該損害等につき賠償し補償する責任を負いません。ただし、当法人に、故意又は重過失がある場合はこの限りではありません。
  15. 費用等が生じる場合の扱い
  16. 各種活動に係る費用の負担形態は、当法人が別途定め、活動会員に説明する(電子メールや本ウェブサイト上の簡潔なやりとりによる説明もこれに含みます。)ものとします。
  17. 活動会員からの退会等
  18. 当法人からの退会は任意です。原則として、一ケ月以上前にその旨代表理事へお申し出下さい。なお、当法人が、活動会員が法令、当法人の定款、本規約に反し、又は当法人の活動会員としてふさわしくないと判断した場合、除名処分とし、あるいは自主的に退会いただくことがあります。
  19. その他
  20. 本規約は社員総会の決議により修正・変更させていただく場合があります。本規約および定款に定めのない事柄について検討・判断が必要な場合は、その事柄の関係者間で誠意を持って協議することといたします。

【賛助会員】(英名:Financial Contributors)

  1. 賛助会員とは
  2. 当法人の使命・設立目的にご賛同いただき、各種活動に金銭により(当法人が別途認めた場合は、金銭以外の財産の給付による場合もあります。)ご支援くださる個人および法人その他の団体で構成されます。
  3. 賛助金の金額および受付期間
  4. 賛助金は最低金額を3,000円とし、それを上回る場合は1,000円単位とさせていただきます。賛助金は、随時受け付けております。
  5. 賛助会員の申込手続き
  6. 当法人が別途指定する書面(電子メールや本ウェブサイト上の簡潔なやりとりによるお申し出もこれに含みます。)にて賛助会員へのお申込をいただきます。①当法人による審査、及び②賛助金の支払手続完了後、当法人により賛助会員として認定されます。この場合は、当法人から別途ご連絡致します。
  7. 賛助会員としての認定
  8. 当法人による、賛助金の支払確認後、代表理事による一般告知(本ウェブサイト上の告知を含みます。)を通じて、賛助会員になっていただいたことを認定した証とします。
  9. 賛助会員としての入会金・会費
  10. 賛助金のお支払は、銀行振込・クレジットカード払いその他当法人が定める支払方法によりお願いしております。お支払いいただいた賛助金をもって、当法人の会員となるにあたっての入会金および会費といたします。なお、当法人が、賛助会員としてお申込いただいた方について、第3項に定める審査結果により賛助会員との認定を行わない場合、既に受領済みの賛助金があるときは、速やかに返金致します。
  11. 振込み後の賛助金の取り扱い
  12. 賛助金は、当法人の使命・設立目的に沿う形で、代表理事の判断にて活用させていただきます。使途に特段の制限を設けたい場合には、申込手続き時に代表理事までご相談下さい。
  13. 賛助会員となることによるメリット
  14. お名前を一般告知させていただき、謝意を表明いたします(お名前の一般告知を希望されない方については、除きます。)。また、当法人全体の運営内容や財務状況、検討事項等の情報共有をさせていただきます。
  15. 特別賛助会員の呼称
  16. 賛助会員の中で、特に多大なるご貢猷をいただいた個人や法人・団体等に対しては、特別賛助会員(英名:Special Contributors)の呼称と感謝状をお贈りする場合があります。
  17. 賛助会員からの退会等
  18. 当法人からのご退会は任意です。原則として、一ケ月以上前にその旨代表理事へお申し出下さい。なお、当法人が、賛助会員が法令、当法人の定款、本規約に反し、又は当法人の賛助会員としてふさわしくないと判断した場合、除名処分とし、あるいは自主的に退会いただくことがあります。
  19. その他
  20. 本規約は社員総会の決議により修正・変更させていただく場合があります。本規約および定款に定めのない事柄について検討・判断が必要な場合は、その事柄の関係者間で誠意を持って協議することといたします。

以上

2012年3月6日制定
2015年3月22日改訂

一般社団法人はなそう基金
代表理事 古森 剛

はなそう基金 > はなそう基金について > 会員・パートナーについて > 一般社団法人はなそう基金 会員規約

ページ上部へ戻る