ブログ

三陸旅情(2013年8月24日~25日)陸前高田

「Komo’s英語音読会@陸前高田」の週末。私は、滞在中できるだけ早朝に起きて、周囲をうろつくようにしています!鈴木旅館のお風呂が朝5時に開くので、その一番風呂を浴びてから5時半頃に出発します。

一応、前夜解散時に「一緒に行きたい人は5時半にロビーに集合ね!」と言うのですが、あまり同行者が起きて来たことはありません (T_T)…. 今回は二日間とも、一人で徘徊することになりました。

24日(土)の早朝は、毎月定番の「月山神社」へ。旅館を出た時はちょっと小雨のぱらつく感じでした。

20130824 02 gassan2

陸前高田にはいくつか神社がありますが、私はここに行くことが多いです。ちなみに私は神道の人間ではありませんが、仏教に傾倒しているわけでもありません。いうなれば私は無宗教な人間で、「澄んだ良い感じのする場所」であれば、何の宗教施設でも好きなのです。

月山神社の境内にある、ご神木の大杉2本。私は、この写真の左側にある杉となぜか相性が良いらしく、早朝の人気のない境内で、この木に額を寄せて目をつぶります。そうすると、何とも言えない落ち着いたスーッとした気持ちになるのです。

20130824 01 gassan1

お賽銭をあげて健康祈願をしていたら、徐々に空が晴れてきました。松の木が枯れているのが気になり、様子を見ていてふと振り向いたら、朝日が!ちょうど木々の間から差し込んできたところでした。

20130824 03 gassan3

昇る朝日には、いつも神々しい何かを感じます・・・。

その後、朝6時半過ぎに夜行バスで到着するボランティア講師のSさんをお迎えに、陸前高田市役所(仮設)前のバス停へ。Sさんを無事ピックアップして、他のメンバーと合流するため鈴木旅館に戻りました。その後、Oさん宅で一緒に朝食、8時半から音読会開店・・・でした。

 

25日(日):

この日も、やはり5時半出発で出かけました。特に行先は決めていなかったのですが、ふと、「ああ、唐桑の海が見たい」と思い、45号線を南下。陸前高田から唐桑までは、わりと手軽に行ける距離なのです。

ああ、唐桑の海・・・。

20130825 01 karakuwa1

 

雲の多い朝でしたが、雲から漏れ出る光が、かえって幻想的でした。

20130825 02 karakuwa2

入江と松林、そして海。大好きな唐桑の景色です。こういう美しい場所が、いっぱいあります。

20130825 06 karakuwa

これはどうでしょう!少し丘を登ったところから、松の木越しに見る朝日の海。しばし我を忘れたかのように、立ち尽くしてしまいました。

20130825 05 karakuwa

そして、沖に目をやれば人の営みが・・・。こういう景色を見ながら、「人間は、自然とともにあるのだなぁ~」ということを、改めてしみじみと感じてしまうのでした。

20130825 04 karakuwa morning

広い海の上で、人間の小ささがことさら際立って見えました。でも、人間の営みというのは、やはり愛しいものですね。雲から漏れる朝日が、海面を紫がかった灰色に染めていました。

陸前高田に戻り、鈴木旅館に向かう途中に、被災した旧市街地を抜けて行きました。8月7日の「うごく七夕」で使われた山車の一つが、装飾を外されたスケルトンの状態で置かれていました。

20130825 07 after the fest

「夏が、過ぎたんだ・・・」などと、妙に感傷に浸ってしまいました。今年は、8月7日に「うごく七夕」の華やかな姿を見に来ただけに、「祭りの後」をことさらしんみりと感じたわけです。

さて、朝8時半から昼までは英語音読会。帰路に、恒例のお土産物屋調達!今回は、「佐藤たね屋」さんに再度寄らせていただき、その後斜め向かいの「陸前高田物産センター」、さらにそのお向かいの「栃が沢ベース」にも寄りました。

佐藤さんのお店では、お土産というよりも、私は自家菜園用の苗ものや種を購入。気前のよい佐藤さん、今回は、お店の前になっていた大きな米ナスやズッキーニを下さいました!

20130825 10 sato-san

物産センターでは、私はTシャツ、バンダナ、それにマスカットサイダーを購入。ボランティア講師仲間も、思い思いの品物を購入していました。そして、お向かいの栃が沢ベースへ。

ここのお目当ては、木村屋さんの「夢の木バウム」。こちらです!! ==> http://okashitsukasa-kimuraya.com/

これは、本当にお世辞抜きに美味しいです。基本は大きくごつごつした、本当に木のようなバウムですが、この写真のように小さく切って小分けにしたものもあります。外側の硬い感じが、クセになる美味しさです。

20130825 09 yumenoki

お隣の「いわ井」さん(和雑貨・地酒)で、酔仙の「Rise Up KESEN」を購入。黒字に黄色のラベルは、去年飲みました。こちらは赤いラベルですね・・・。震災後に新設した大船渡蔵で作られたもののようです。

20130825 08 rise up

他にもいくつか小間物を買い込んで、帰路につきました。竹駒、矢作を抜けて、ループ橋の方から一関へ。冬場には凍結するので避ける道ですが、夏場のうちは近道なのでこちらを使うことが多いです。

今回も良い旅でした。また来月!

(古森)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る