ブログ

The Seed of Hope in the Heart by Teiichi Sato

「Komo’s英語音読会」@陸前高田に参加しておられる、「佐藤たね屋」の佐藤貞一さん。今、陸前高田でもっとも熱い人の一人であり、武士道についてご自身の解釈を生きておられる人。

“3.11”一周年当日のオーストラリアのテレビ取材にも、堂々と対応されました

佐藤さんは、「Komo’s英語音読会」では「英文添削コース」に参加しておられます。

このコースは、ひとことでいえば、ご自身が英語で話したい内容を独自の音読教材にするもの。例えば、日本語で何か書いていただいて、それを当方で英語化して教材に。あるいは、最初から英語で書いていただいて、それを当方で添削して仕上げたりします。

佐藤さんは、最初から英語で書かれました。いえ、本当に最初の最初は、日本語で短い詩のような一節をいただいて、それを当方で英訳して教材にする・・・はずだったのです。ところが、その後佐藤さんは、何かにとりつかれたように英文で震災の記憶を綴り始めました。

夜になると、津波で亡くなった方々が、「書いてくれ」と叫ぶのだと佐藤さんは言っておられました。さもありなん・・・と思います。佐藤さんのお店があった周辺地域では、本当に多くの方々が亡くなられています。

佐藤さんの英文執筆活動は、2ヶ月余りにわたりました。その間、月に一度の「Komo’s英語音読会」で直接添削をさせていただきつつ、それ以外の場面でもメールのやりとりを続けさせていただき、かなり長い文章が出来上がりました。

ts201203-02

上の写真は、「Komo’s英語音読会」での一こまです。ボランティア講師陣としては、柴田さん(写真左)と、奥田さんに多大なる貢献をいただきました。奥田さんには、同時並行的に海外メディアからの問い合わせ対応にもご尽力いただきました。

この文章のタイトル、”The Seed of Hope in the Heart”といいます。

内容は、地震発生から数々の紙一重の偶然が重なって生きのびた、佐藤さんの手に汗握る実録手記です。津波がすぐ背後に迫る中、車で走りぬける佐藤さんご夫妻。信じられないところまで津波が襲ってくる・・・。

そして、津波後に旧「佐藤種苗」の店舗に戻ろうとする佐藤さんが見たものは・・・。想像を絶する被害。筆舌に尽くしがたい被害。佐藤さんが苦労して積み上げてきたものが一瞬にして消え去り、借金だけが残ったと書かれています。そして、高田の町全体が壊滅。

その絶望的な現実の中で、佐藤さんは津波最前線の荒地でご自身の店舗を再興されます。瓦礫も一部利用したバラックのような店舗。水道が来ていないので、なんと手堀りで井戸を掘っての育苗再開です。そこからは、まさに現代の武士ともいうべき果敢な取り組みです。

そうした地震発生から再興への佐藤さんの生き様を縦糸にして、横糸には陸前高田の沿岸部地域における過去の津波史の検証が入ります。そして、17世紀初頭の大津波で被害が出ていたという史実に行き当たる佐藤さん。

その被害を伝える石碑は、実は今も陸前高田に残っていたのです・・・。多くの人は、それが何の石碑かも知らずに。今般の津波被害に関して、徐々に「人災」の要素をも佐藤さんは見出していきます。

・・・という感じで、本当に読む価値のある内容が文字にされています。音読の教材だけではなく、これこそ世界に伝えるべき第一級の震災手記です。そこで、はなそう基金でご支援させていただき、佐藤さの手記を小冊子の形にまとめました。

そして、ついに印刷があがってきました。印刷費用の一部は、スペインはバルセロナのカサ・アジア、そして一流ビジネススクールのESADEやIESEの方々などからの義捐金も使わせていただきました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

ちなみにこの方々は、”3.11″一周年を記念してバルセロナで大きなイベントを開催し、佐藤さんの「The Seed of Hope in the Heart」の概要を現地の子供たちに伝えました。大きな反響があり、その後、バルセロナの子供たちから佐藤さんにメッセージが届けられました。

この小冊子、初版はとりあえず300部ですが、佐藤さんが2種類の種袋とセットにして1,000円(送料別)で販売することになりました!すでに、この週末に申し込みや購入がけっこう出ているようです。セットになっている種子の種類は、佐藤さんが思いをこめて都度選定されます。

ts201203-03

この小冊子の売り上げは、津波被災地の荒野で再興しつつある「佐藤たね屋」さんの支援につながります!また、売り上げの一部は、はなそう基金での印刷代にも充当されます。

「小冊子+たね2種」にご興味のある方は、はなそう基金(お問い合わせ)までご連絡下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る