ブログ

2013年4月

2013年4月の「Komo’s英語音読会@陸前高田」は、4月13日(土)~14日(日)の週末に開催しました。

今回は、小学4年生から70代の方まで、延べ31名の方々にお越しいただきました。ボランティア講師は、古森を含めて7名。加えて、陸前高田視察の大学生3名を引率されたSさん、そして全体の見学を兼ねて初回参加のIさんにも一部講師として登板いただきました。

【移動日】

ボランティア講師チームの移動は、4月12日(金)。ボランティア講師の多くは、いつも金曜日に休暇をとってこの活動に参加しています。今回は、古森は朝一番にどうしても対応しなければならない仕事があったため、これを好機に新幹線~大船渡線~BRTでの移動を試してみました。

新幹線で東京⇒一ノ関まで約2時間半。そこから大船渡線に乗り換え、気仙沼駅まで1時間半ほどかけて行きます。若草色のラインが入った、ちょっとひなびた感じのディーゼル2両編成。車窓から見る、いかにも非電化区間の沿線の景色は心がなごみます。

20130412 way to takata1

気仙沼駅から、3月に開通したBRT(Bus Rapid Transit)で陸前高田駅(駅といってもバス停ですが)まで20分強。BRTはハイブリッドの最新式車両です。たぶん、日本中のどのバスよりも最新式だと思います。快適ですよ!You should give it a try!

20130412 way to takata2

津波で線路がなくなり、大船渡線は気仙沼どまりになっていました。それが、曲がりなりにも陸前高田までつながったという意味は大きいです。東京から陸前高田まで、公共交通機関でアクセスできるようになったのです!感動して泣きそうになりました。

さて、陸前高田駅(仮設市役所前)から宿泊先である鈴木旅館まではかなり距離があり、また、そちら方面に行くBRTに乗り継ぐのにも待ち時間がかなりあったので、徒歩で竹駒方面に下っていきました。

ホーマック(ホームセンター)で手早く自転車を購入し、防犯登録も済ませて、さっそうと鈴木旅館へ!・・・と思いきや、雨にやられました。冷たい雨にずぶ濡れになって鈴木旅館に到着。ともあれ、往路の移動は完了!

20130412 way to takata3

自転車で走ると、いつも車の窓から見落としていたものが色々と見えてきます・・・。

夜は、いつものように大勢で「陸前高田の母」ことOさんの仮設住宅に集まりました。お互いの再会を祝し、近況を伝えあい、初めて来た仲間に「これまでの事」を語り継ぎ、遅くまで一緒に過ごしました。

【土曜日】

土曜日は、いつものように8時半に開店。それに先立って、講師チーム一同はOさんの仮設住宅で7時から皆で一緒に朝食。しかし、さらに先だって、私と奥田さん(はなそう基金理事)の2名で5時台に市内近況視察へ。目的地は「伝承館」の展望台。

ここからは、広田半島を正面にして、右手に陸前高田方面、左手に大船渡方面の海沿いの景色が一望できます。眼下には、広田半島の付け根部分を両側から津波が襲った跡がくっきりと見て取れます。広田半島はいったん孤立した島のような状態になったそうです。

陸前高田方面の海。本来、日本有数の豊饒の海です。徐々に回復していると聞きます。

20130413 morning2

大船渡方面の海。日の出直後で、海面が神々しく輝いていました。

20130413 morning1

8時半に、いつものように「佐藤たね屋」の佐藤貞一さんが来られました。震災1周年を機に書き始めた英文による津波体験手記「The Seed of Hope in the Heart」は、震災2周年に第3版として改訂されました。今回は、その第3版を使っての初音読!

20130413 E1 sato-san

(冊子は、佐藤たね屋さんの店頭、もしくは郵送で購入できます。種が一袋入って1200円:送料別です)

この方は(↓)、岩手日報の英文記事のページをストックしておられて、それをずっと「忍者の草とび方式」で音読しておられます。記事の端に記された「正」の字が、お会いするたびに増えて行きます。大人の英語学習は、努力の瞬間風速よりも継続期間のほうが大事です。

20130413 iwate nippo

その後、午前の部は昼までにぎやかな状態で続きました。

20130413 E1b classroom

午後の部は13時半からですが、14時頃から16時頃がピークでした。室内に色々な音読の声がこだまして、何か言い知れぬエレルギーのようなものがわいてくるのを感じました。英語音読の言霊が、新たな未来をひらく希望の力になっていくかもしれませんよ!

20130413 E2 classroom

この方は、岩手日報の英文記事の音読を基本線にしつつ、時々英語の歌も教材にしておられます。カーペンターズなどのお気に入りの歌の歌詞を書いて、その意味を調べ、一緒に歌詞を音読したり歌ったりします。歌も音読の一種ですから、楽しく英語を体得できますよ!

20130413 E3 classroom

夜は、再びOさんの仮設住宅に皆で集まって鍋を囲みました。

【日曜日】

日曜日は、午前の部で終了です。9時頃から徐々に忙しくなりました。小学生で、土・日連続で来た子もいます!

20130414 E0

昼前まで、にぎやかな状態になりました。

20130414 E1 sesion

昼過ぎに竹駒を後にし、アップルロードのマイヤでお土産物などを購入。これも講師チームの恒例です。「酔仙」(最近までは、とくに季節限定の雪っ子が好評)や「かもめの玉子」(いまはイチゴ・バージョン)などが人気。

「産直はまなす」さんにも寄らせていただきました。産直ならではの、大根やニンジンの間引き菜などを買い求める講師の姿も・・・。いいですね!産直はまなすさんには、吉田姉妹の「詩と絵で綴る陸前高田~大震災を乗り越えて~」も置いて頂いています。

20130414 hamanasu

そして最後に、「佐藤たね屋」さんへ。夏野菜の一歩手前の時期の苗が色々と並んでいました。これから5月いっぱいくらいまでは、種苗店の店頭は苗ものでにぎやかになります。何名かの講師が、「The Seed of Hope in the Heart」(第3版)を購入しました。

20130414 satotaneya

See you next month!

↓↓↓ 今回のボランティア講師チーム一同です! ↓↓↓

20130413 lunchtime photo2

(End of report)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る