ブログ

チャリティー英語音読会@若菜

「チャリティー英語音読会@若菜」が開催されました!

一般社団法人はなそう基金の重要な活動の一つとして、「チャリティー英語音読会」があります。通常は毎月一回、首都圏のビジネスパーソンを対象にした非営利目的の懇親会付き英語音読会(チャリティー “”ほろ酔い” 英語音読会)の形になりますが、ご要請に応じて企業単体でのクローズド形式も実施しています。いずれの場合も、英語の勉強会をチャリティー・イベントにして、首都圏と東北被災地がつながる仕組みです。

去る2015年5月21日(木)の夕刻、ウォルマート・西友の総菜部門を担う株式会社若菜さんのご要請を受け、クローズド形式のチャリティー英語音読会を開催いたしました。業務終了後の2時間を使っての自主参加方式でしたが、会場となった川越本社の会議室には40名を超える皆さまの姿が!おりしも社内の英語勉強会が立ち上がる流れにあわせて、この取り組みをご活用頂いた形です。本当にありがたいことです。

20150521 Wakana1

若菜さんでの音読教材は、事前に事務局の皆様と議論を重ねた結果、ウォルマートの経営理念の英語版を使うことになりました。同社グローバルのウェブサイトにも掲載されている、”BELIEFS & BEHAVIORS”です。重要な部分を箇条書きにしたものの日本語版は社内にも掲示されているようですが、英語版となると日頃は目にされない方も多いとのこと。これを機に、経営理念の原典に向き合ってみようという試みです。

※同サイトへのリンクはこちらです↓
http://corporate.walmart.com/our-story/working-at-walmart/culture

20150521 Wakana2

当日は、古森による英語音読法のミニ・レクチャーに始まり、一斉音読、グループワークなど動きのある2時間になりました。テキストに登場する文章のどれか一つを暗記してみようという趣向で、後半のグループワークは皆さん悪戦苦闘されながらも明るく盛り上がっておられました。そして、2時間前には見たこともなかった文章や表現を、英語で言えるようになった方がたくさんおられました。

素晴らしいですね!

20150521 Wakana3

終了時、参加された皆さまからのお心づかいで、はなそう基金へのご寄付を頂きました。皆さまお一人お一人の思いを、当基金の活動を通じて東北被災地の英語音読会等に生かして参ります。毎月の音読会に加え、毎年夏に小・中・高校生を対象とした英語サマーキャンプへの派遣を行っていますし、海外へのアンバサダー派遣も継続して参ります。そうした活動に有効活用させて頂く所存です。

若菜の皆さま、ありがとうございました!心より御礼申し上げます。

 

2015年5月21日
一般社団法人はなそう基金
代表理事 古森 剛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

まるごと英語で夏祭り in 陸前高田 2018

アーカイブ

ページ上部へ戻る