ブログ

2018年12月

2018年12月の英語音読会@三陸の報告をいたします。

  • 参加者:31名、複数回参加の方がおられるためのべ35名。新規参加の方が2名
  • 講師:ボランティア講師は11名。うち全日程参加が7名、部分参加が4名でした。

2018年最後の英語音読会となりました。

金曜日から日曜日にかけての1 on 1スタイルのセッションを継続しつつ、先月から試行したオンライン・コーチングは数名から申し込みを頂き、月例の音読会を補完する形で徐々にご活用頂いています。概ね好評です。

そして今月から介護施設への訪問型プログラムを開始しました。介護施設への訪問は、この土曜日に初回の訪問を果たしました。陸前高田市小友町にある「東部デイサービスセンター」さんへボランティア講師5名で訪問。18名の方々をお相手に、英語版の「ふるさと」を一緒に練習するという趣向で臨みました。通常の音読会とは違うアプローチが必要ですが、こちらも継続的に関わらせて頂き、改善を続けて行けたらと思います。

通常スタイルの英語音読会は、スロットによっては満員になり、賑やかな12月となりました。年の瀬のお忙しい中、いらして下さり嬉しいです。学校での勉強のおさらいをなさる方の他、一般部では飲食・料理系の英語、茶道や日本的作法を伝える英語、英語の歌など、それぞれに思いやニーズのあるテーマに取組んでおられました。素晴らしいですね。

2018年、色々な山谷がありましたが、英語音読会という場で常に人間のご縁が広がり、深まり続けて行く幸せを感じておりました。そのような場があること自体が陸前高田へ通うボランティア講師チームの喜びであり、またそうした場が地元側の皆さまにとっても価値あるものとなっていればいいなぁ…と心から願います。ここに至る全てのご縁と幸運に感謝して、2018年の活動を締め括ります。

ありがとうございました。また来年!

(Komo&Hiroko)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る