ブログ

2019年1月

あけましておめでとうございます!2019年1月もKomo’s英語音読会@三陸は元気に続いております。

  • 参加者:29名(複数回参加あり延べ人数では31名)
  • ボランティア講師:11名。うち全日程参加が7名、部分参加が4名

センター試験に重なった週末。かつインフルエンザが陸前高田で猛威を振るっている最中としては、本当によく来てくださったなぁ~と思います。お一人お一人に個別に英語への興味関心があり、個別の取り組みテーマがあります。それに一つひとつ寄り添う形でサポートをさせていただくのが、この活動の本旨です。いわゆるOne-on-Oneの形式。そのOne-on-Oneを支えているボランティア講師は、頻度は様々ですが、長きにわたって関わり続けてくださる方も少なくありません。

以前頻繁に参加されていて、その後海外に転出されたWさんは、それでも年に1回のペースで来て下さっています。今回もご帰国中の日程を縫って参加。昨年初めて参加されたYさんは、今度で2回目。新しく輪に入って下さった方が、また来て下さるというのは本当にうれしいことです。そして毎月のように参加して下さっている仲間も複数。もうすぐ3月、震災から満8年というなか、ありがたい仲間です。

毎年この時期はスペイン バルセロナからクリスマスカード兼年賀の挨拶の寄せ書きが届きます。震災からもう8年近いというのに、まだ毎年メッセージを送ってくださる方々が、彼の地にたくさんいらっしゃいます。音読会参加者も、過去に3名渡航してお世話になっています。こちらからは、毎年色紙に音読会参加者とボランティア講師からメッセージを書いて返送しています。友情は永遠に!

昨12月に始めたデイサービスセンターへの訪問は、今月も継続!今回は古森を含めボランティア講師3名で訪問。20名ほどの参加者がありました。前回得た感覚もふまえ、英語版の「ふるさと」の練習をできるだけ短めにして、残りの時間は地元のおじいちゃん、おばあちゃんから私たちに地元の歌を教えて頂く趣向になりました。広田小唄、根岬大漁、広田甚句、おこさ節・・・などなど、ここに来なければ聞けないお囃子系の歌を教えて頂きました。

活動の幅が広がり、それとともにお会いする地元の方々とのご縁もまた大きく広がり、とても充実した年の初めとなりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

(Komo&Hiroko)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

まるごと英語で夏祭り in 陸前高田 2018

アーカイブ

ページ上部へ戻る