ブログ

2014年7月

2014年7月の「Komo’s英語音読会@陸前高田」のご報告をいたします

============================================================

■日程:2014年7月11日(金)~13日(日)
■参加人数:名寄せ38人、延べ43人(期間中2回参加の方が5名)
■ボランティア講師:14名(全日程参加5名、部分参加9名)
=============================================================

今回は、出発直前の大型台風、滞在中の地震と津波注意報など、いくつか大きな困難がありましたが、なんとか乗り越えて無事にミッションを果たすことができました。そして、参加者数とボランティア講師の数がともに過去最大級の回ともなりました。音読会を長く継続されている方々が多く、一方で小中学生の新規参加も最近徐々に増えています。個々人の将来にとって、そして地域の未来のためにも、大変喜ばしいことです。

ボランティア講師は、複数回参加メンバーとともに新規参加のメンバーにも来陸頂きました。「日米高校生サミット」が台風のため中止となりましたが、ファシリテーターとして登板予定だったメンバーは来陸をあきらめずに音読会に合流。にぎやかなチームとなりました。隔月開催の懇親BBQも盛況で、色々な縁が強くなったり新たに生まれたりしました。

20140712 team photo

 

3 Key Topics of the Month 

①本年度第2回懇親BBQ開催
②”Yesterday Once More” 熱唱の舞台裏
③”Let’s Talk Ambassador” バルセロナ派遣が決定

 

①本年度第2回懇親BBQ開催

夏~秋に隔月開催している懇親BBQ。7月に本年度第2回目を開催いたしました。英語音読会の参加者に加えて、ご友人や近隣住民の皆さまにも毎回参加頂いております。今回も50名前後の方々に参加をして頂けました。

20140712 BBQ04
カヤックチーム「elf」とその関係者の皆さまには、いつもお肉の提供などで大変お世話になっております。そして、肉屋さんの社長をしておられる庭野さんは、ギター&ヴォーカルの人でもあります!

20140712 BBQ02
皆で火を囲んで焼き物に舌鼓を打ち、歌を歌い、輪になって踊り、談笑しました。この音読会が始まった頃には小学生だった女子3名、今は皆中学生。変わらぬ澄んだ歌声で “Believe” を歌ってくれました!次回BBQは9月です。

20140712 BBQ05


②”Yesterday Once More” 熱唱の舞台裏

さて、その懇親BBQの場でひときわ注目を集めたのは、カーペンターズの”Yesterday Once More”を歌ったこのグループ・・・。今春から英語音読会に参加されて、毎回英語の歌を教材にしておられるKさんとSさん。前回の懇親BBQでは、かの名曲”Edelweiss”を披露されました。

今回のテーマ曲、”Yesterday Once More”は、2か月前に選曲してからあまり練習の時間がない中で、お二人も頑張りました。移動中の車で聴くなどに加え、7月11日(金)の夜と12日(土)の午前中の2回音読会に参加されて猛練習!

20140712 utaren

懇親BBQでは、ボランティア講師も数名加わって、シャ・ラ・ラ・ラ~と楽しく歌っておられました。歌も、歌詞の意味や発音などにしっかりこだわって反復練習すれば、立派な教材になります!

20140712 BBQ03

 

 ③”Let’s Talk Ambassador” バルセロナ派遣が決定

本年度2件の海外派遣を予定している、はなそう基金の「”Let’s Talk” Ambassador Program 」。単なる海外旅行プレゼントとは趣が異なり、海外とのつながりに関して継続中の努力や強い思いなどの積み重ねがあることを前提に、実際に現地に行って縁を深めて頂くものです。

本プログラム、記念すべき1件目は陸前高田の「佐藤たね屋」代表、佐藤貞一さんの訪台でした。そして現在、2件目の準備が進んでいます。2件目は、陸前高田の中学1年生、熊谷悠花さんにスペインのバルセロナに行って頂くことになりました。

震災後、数多くのバルセロナの方々が東北被災地に対して物心両面で応援をして下さっています。2014年になっても、イベントの収益金を持って被災各地をまわり、寄付して下さる方々がいらっしゃいます。毎年年末に100枚以上のカードを送って下さる団体があります。

そのバルセロナの方々と、一年以上地道に文通を続けているのが熊谷悠花さんです。英語音読会には2011年11月の発足時から継続して参加。バルセロナから送られて来たクリスマスカードや年賀状を見て文通に興味を持ちました。以来、継続して3名のペンパルと文通を続けています。

初めての海外旅行でのバルセロナ往復はハードルが高いため、はなそう基金の会員1名が同行するようにしました。はなそう基金の会員内で募集した結果、外資系企業勤務でバルセロナ訪問経験もある高橋 健さんに行っていただけることになりました。

早速、髙橋さんはこの週末の英語音読会@陸前高田に同行して下さり、悠花さんとお母さんにご挨拶。色々と情報交換をして頂きつつ、英語音読会の時間帯にはバルセロナでのスピーチ原案を悠花さんと一緒に作成頂きました。プログラム実施の現実感が一気に高まりました。

20140711 barcelona prep

佐藤貞一さんや熊谷悠花さんの例を見ながら、東北被災地の方々が『個人として海外とつながってみよう』『今あるつながりを深めてみよう』と感じていただけたらいいなと思います。

(End)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

まるごと英語で夏祭り in 陸前高田 2018

アーカイブ

ページ上部へ戻る