ブログ

2017年7月

Komo’s英語音読会@陸前高田 2017年7月の完了報告をいたします。

日程:2017年7月21日~23日
参加者:36名 (期間中に複数回参加された方々を述べカウントすると44名)
ボランティア:14名(うち全日程参加が7名、部分参加が7名。1名が新規参加)

今回は土曜日に豪雨に見舞われる中、英語音読会への参加者は36名。期間中に複数回参加された方々を述べカウントすると44名でした。また、新規参加の方が2名いらっしゃいました。ボランティアも通常の英語音読会を開催するだけでなく、8月の「まるごと英語で夏祭り in 陸前高田」の現地サイドでの準備も並行して進めました。

 

以下、ハイライトをご紹介いたします。

今回初めて音読会に参加されたKさんは、金曜日の夜にセッションを終えてからメールを下さいました。「楽しかったので、今週末にもう1回参加できませんか」という趣旨。もちろんです(^^)!Kさんは土曜日の夜にも来られました。良いスタートですね!

長く音読会に通っている高校生のYさんは、金曜日の夜に加えて、土曜日の夜にも来られました。ご自分で一念発起して、外国人の方々の暮らしやすさの向上や災害対応時のユニバーサル・ガイダンス作成について考えてみたいということで、その活動の一環で音読会に。

 

「夏祭り」に向けては、共催者の「SCOA」と「はなそう基金」からのボランティアだけでなく、英語音読会参加者をはじめとして地元の方々からも積極的な運営サポートを頂いています。「誰かが提供して、誰かが消費する」のではなく、「よそ者も地元の人も混じって一緒に作る」形になってきています。また「夏祭り」は陸前高田市教育委員会のサポートをいただき、学校経由でも案内しております。また、記事を東海新報(7/2), 朝日新聞(7/23)に掲載いただきました。

「夏祭り」の前日にSCOAの米国人カウンセラー(15名ほど)に対して陸前高田を案内する役を担って下さるOさん、Aさん、Oさんの3人。今回の音読会開催中に、それぞれに説明する内容や伝えたいメッセージなどを最終チェックし、何度も練習しておられました。

よそ者も地元の人も一緒になって、一歩ずつ前へ進んで行けたらいいなぁと思っています。活動にご参加くださっている皆様、いつもありがとうございます。

(Komo&Hiroko)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る