ブログ

2015年6月

2015年6月の「Komo’s英語音読会@陸前高田」の実施報告をいたします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【日程・場所】
6月19日(金)夜 @「りくカフェ」 & 「モビリア仮設住宅集会所」
6月20日(土)9時~17時半 @「荒谷ママハウス」
6月21日(日)9時~12時  @「荒谷ママハウス」

【参加者数】
33名 (2回参加の方をカウントすると、のべ34名)

【ボランティア講師】
14名(内、全日程参加7名、部分参加7名)(新規参加4名)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

201506-TEAM

(写真は2015年6月のボランティア講師で、6月20日(土)の昼時点で現地にいたメンバーです)

【Key Topics of the Month 】

  1. 英語の歌声、広がってます!
  2. 「英語でしゃべろう!」開催!
  3. 私はナンシー

——————————————

1.英語の歌声、広がってます!

以前から教材として英語の歌を活用される方が何名かいらっしゃるのですが、6月は、さらにまた英語の歌声が格別に盛り上がった月となりました。今回、「Blownin‘ in the wind (Peter, Paul & Mary 版)」を練習されたTさん。そばで拝見していて、こちらも楽しい感じになりました。そして、歌詞の意味を解読していくと深いものがあって・・・。
もうお一方、Hさんは、NHK英語講座でとりあげられていた「Yankee Doodle」(日本語ではアルプス一万尺)を今回の教材に!そして、大いに歌いこみ、1番のみならず2番もできるようになりました!ご一緒させていただいた音読会講師Iさん、Eさんともに「楽しかった」と言っていました。単に英語学習のお手伝いというのではなく、英語を核にしてお互いに良い時間を過ごすことが出来るというのは素晴らしいですね。
そしていつものように、Kさん・Sさんコンビも、英語版「北国の春」を継続練習 (^^) 実力がさらに向上!
皆さんも、ご興味があれば英語の歌を教材にとりいれてみてはいかがでしょうか。通常の教材と英語の歌を併用するような形でもOKですよ。

2. 「英語でしゃべろう!」開催!

6月は外国系のボランティア講師が2名参加しましたので、通常の音読会とは別に、自由に英会話を楽しむ「英語でしゃべろう」という特別企画を設定しました。夏らしく、屋外の大きなテントの下でそよ風に吹かれながら・・・。明るく楽しく活発な、とても良い感じの場になっていました。なかなか毎月というわけにはいきませんが、外国系のボランティア講師が参加できる時には、恒例にしていきたいと思います。こうした機会を、はなそう基金としてどんどん作ってまいります。

3.私はナンシー

Kさんは、陸前高田に来ている道行く外国人の方々に、ぜひ話しかけてみたいと思っています。しかし、1)何を話せばいいのかわからず 2)どう話せばいいのかわからず 3)外国人に英語を話している自分を思うと恥ずかしくて・・・ということで、なかなか話しかけることができていません。今回の音読会の中で、1)2)については、その場でスキットを作り練習しました。そして3)は、英語を話す時には通常の自分ではなく「別人格が話していると思ってください」とお伝えし、Nancy(ナンシー)と名前を付けてみました!座って練習するだけではなく、立ってそのスキットを繰り返すうちに、自然な表情やジェスチャーも出せるようになり、一歩進んでいただけた印象でした。ナンシー、頑張って!

次回、7月は10日(金)の夜~12日(日)の午前中まで開催します。

End

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

まるごと英語で夏祭り in 陸前高田 2018

アーカイブ

ページ上部へ戻る