活動趣旨

はなそう基金 > Komo’s英語音読会 > 活動趣旨

kids-shaking-hands2

 

Komo’s英語音読会@三陸

「被災地こそ日本に先駆けてグローバル化を意識して人材を育成すべき」という主宰者古森の信念のもと、音読を柱とした英語学習の姿勢と方法の要点を伝え、それに基づく自学自習サイクルがまわるようコーチングしていく会。2011年11月より毎月一回東京から講師が通い、開催しています。最低10年は活動を続けるというコミットの元、継続中です。

Komo’s英語音読会@三陸(陸前高田, 気仙沼)にご参加・ご見学希望される場合にはお問い合わせください。お待ちしております。

 

Komo’s英語音読会@東京

東京の社会人たちが、ともに励ましあって英語を磨く場として、毎月1回 Komo’s英語音読会@東京がスタート。多国籍企業のAnnual reportなどを題材に、生きたビジネス英語を学ぶ場として拡大。都内のレストランにて社会人達が夕食を楽しみ、その後、一緒に音読をするスタイルが定着しています。2014年から、参加費に夕食代・会場費などの実費に加え、陸前高田をはじめとする被災地支援活動への寄付として毎回1,000円をいただいています。また、東京のご参加者のなかから、Komo’s英語音読会@陸前高田の講師として訪ねてくださるケースや、ツアー等での訪問も増えており、持続的なつながりが出来始めています。

東京音読会にご参加・ご見学希望される場合には、「komo’s東京音読会@東京」ページよりお問い合わせください。

 

図1

 

はなそう基金 > Komo’s英語音読会 > 活動趣旨

ページ上部へ戻る