お知らせ

2019.9.30. はなそう基金は法人格を終了しコミュニティに移行します

「一般社団法人 はなそう基金」は、2011年11月に東日本大震災の被災地を思う仲間が集まって陸前高田市にてKomo’s英語音読会を始め、2012年3月に一般社団法人を設立し活動を続けて参りました。わたしたちは、2019年9月末をもって法人を終了し、東日本大震災の被災地を応援するコミュニティへと移行する決定をいたしましたことをお知らせ申し上げます。

これまで活動を続けてこられたのは、三陸域内外の多くの皆様が支えてくださったおかげです。 ありがとうございます。

今回、決算報告とともに活動を振り返るなかで、運営方針を変更すべきタイミングがきたとの判断に至りました。設立後8年近くたち、わたくしどもの活動に参加してくださる方、サポーターの方、様々な方法で寄付をくださる方の輪が広がり、期待値や来陸頻度も多様化しています。これは震災から9年目となる中、むしろ歓迎すべきサポーターの広がりです。一方で、寄付の出し手が得られる「手触り感」と、活動の場で見える「現地での価値創出感」のギャップが顕在化しつつもあります。

こうした文脈や課題に接して、当基金のように誰一人として報酬をもらう者のない完全ボランティア集団が、引き続き自由でフレキシブルに「思い」を大事にして、三陸被災地への活動に対して関係者の活動時間、エネルギーを迅速に最大投入するにはどうしたら良いかを理事達で話し合いました。結果、法人格の解散とゆるやかなコミュニティとしての活動継続が今あるベストだと考えております。

運営の「箱」の形を変えつつ、2019年10月以降も三陸での活動を変わらず続ける予定です。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

はなそう基金

まるごと英語で夏祭り in 陸前高田 2018

アーカイブ

ページ上部へ戻る