復興対談

はなそう基金 > 伝えていく > 復興対談

sato-san5

… 私の生業は、震災前から「設計」と「きのこ」です。「設計」の力を生かせば、壊滅してしまった陸前高田の町を新しく作り上げることに大きな貢献ができるはずです。そして、もとより高付加価値路線を貫いてきた「きのこ」の事業は、一次産業で雇用を生む手段になりえます。それまでに取り組んできたことが、復興の流れの中で大きな存在意義を持つということを、直感的に感じました。ガレキの町が、白いキャンパスに見えたのです。その方向に動いて行けばきっと道が開けると信じていました。….

sakamoto-san6

…. 震災当初1カ月くらいは、多くの仲間が「商売をやめる」「ここを出て行く」などと言っていました。この場所では、もう商売はできないという考えの人が多かったのです。しかし、隣町の路上での商売再会を見て、私は大いに刺激を受けました。….

  • 第14回 西本 龍 さん  山口県柳井市役所 (陸前高田市派遣)

    taidan-4

    山口県柳井市に勤める西本さん。被災地に行って何かしたいという想いから短期派遣という形で陸前高田市役所に派遣されました。… 中略…  「このままでいいのか」という思いは、震災から一年になる2012年春にはさらに強くなっていました。でも、自分が被災地に行ったところで、何の技術もないし役に立たないだろうな・・・と、悶々としていました。……  しかし、頭ではそう分かっていても、やはり「このままでいいのか」という思いは日に日に強くなって行きました。そして、あれは2012年の5月末のことでしたが、帰宅途中の市長を偶然見つけた際に、思わず走り寄って直談判してしまったのです。「私を東北に行かせて下さい」と。……

     

    第13回 安田 信介 さん (読売新聞東京本社 大船渡通信部 記者)

    talk-1

    読売新聞 大船渡通信部で、震災・復興の取り組みについて取材を重ねるとともに、被災地の復興にも個人として関わり続ける安田さん。… 中略…  気仙地域を中心に本格的に取材を重ねるようになりまして、陸前高田にも頻繁に来るようになりました。そして、今につながる色々な人との出会いがありました。 ….  私は特に、その頃からしばらくの間、いわゆる「震災遺構」(注:津波で壊れたまま残った建物等のこと)をめぐる問題に向き合っていました。このあたりでは、震災遺構のことに関してはもっとも多く取材した記者になっていると思います。 ….

     

    第12回 佐々木 里子さん 女川町宿泊村協同組合 “エルファロ”理事長
    20130823 06 el faro4

    女川町にカラフルなトレーラーハウスを使って宿泊施設、エルファロをオープンされた佐々木さん。… 中略… やはり、エルファロが女川の宿泊施設の「核」になれたらいいなと思います。被災地初のトレーラーハウスを使った宿泊事業ですし、ここが成功すれば、被災地全体にも好影響を与えられるかもしれません。エルファロを、復興の象徴の一つにしていきたいのです。

     

    第11回 福島 兆子さん

    20130427-Yamamura-san-3.jpg

    今回の対談では、2011年4月から毎月一回(当初半年は月に2回)のペースで震災被災地に神戸から通い続けておられる福島兆子さんにご登場いただきます。72歳というご年齢で夜通し車を運転して走り、時には体…

  • 第10回 鈴木 英里さん(東海新報社 記者)

    20130427-Yamamura-san-3.jpg

    英里さん、取材で飛び回っておられる中、お時間を割いていただき有難うございます。2011年の秋にお会いして以来、英里さんの発信されるメッセージにはいつも考えさせられたり、心を打たれたりしています。今日…

  • 第9回 山村 友幸さん(NEXt CHANGE co.,ltd. CEO / Future Designer)

    20130427-Yamamura-san-3.jpg

    今日はお時間をいただきまして、ありがとうございます。この対談シリーズは、東北の震災復興の現場で活動しておられる方々のお話を伺って、日本や世界に情報発信していこうという取り組みです。こちらに住民票を移し…

  • 第8回 髙橋 祥さん(岩手県立高田病院 医師)

    dt201207-03

    今回の対談は、震災後に北海道から陸前高田に来て、治療だけでなく予防の観点もふまえた地域医療活動に取り組んでおられる髙橋さんにお願いしました。髙橋さんと私は2012年2月からのお付き合いですが、縁が深…

  • 第7回 清水浩司さん(マルトヨ食品株式会社 取締役営業部長)

    dt201207-03

    こんにちは。今日はお忙しいところお時間をいただきまして、ありがとうございます。この復興対談シリーズは、東日本大震災からの復興の現場で活躍されている方々のお話しを伺い、震災の記憶を書き留めつつ、現在の…

  • 第6回 アミア・ミラーさん(陸前高田市 海外広報ディレクター)

    dt201207-03

    今回の対談は、震災後に北海道から陸前高田に来て、治療だけでなく予防の観点もふまえた地域医療活動に取り組んでおられる髙橋さんにお願いしました。髙橋さんと私は2012年2月からのお付き合いですが、縁が深…

  • 第5回 濱守栄子さん(シンガーソングライター)

    dt201207-03

    こんにちは。日本各地を飛び回っておられる中で、今日はお時間をいただきありがとうございます。この後もまだお忙しいということで、ご無理を申し上げてディナータイムの設定にさせていただきました。こちらこそ、…

  • 第4回 臼井壯太朗さん(株式会社臼福本店 代表取締役社長)

    dt201207-03

    こんにちは。本業にも復興関係にも飛び回っておられる中、お時間をいただきましてありがとうございます。いえいえ、こちらこそ時間がタイトになってしまいまして恐縮です。ちょうど今、市役所での会議から戻ってき…

  • 第3回 佐藤貞一さん(佐藤たね屋代表)

    dt201207-03

    おはようございます。お忙しい日曜日の午前中にお時間をいただきまして、ありがとうございます。この対談シリーズ、東日本大震災からの復興の現場で活動しておられる方々にお話を伺い、メッセージを世の中に発信し…

  • 第2回 荒木タキ子さん(月山神社 宮司夫人)

    dt201207-03

    こんにちは。お忙しい中にお時間をいただきまして、ありがとうございます。この対談シリーズは、東日本大震災からの復興の現場で活動しておられる方々にお話を伺い、メッセージを世の中に発信しようということで、…

  • 第1回 齊藤賢治さん(さいとう製菓株式会社 専務取締役)

    dt201207-03

    復興対談シリーズ ~ Talk for Recovery の記念すべき第1回は、さいとう製菓株式会社 専務取締役 齊藤 賢治さんにご登場いただきます。さいとう製菓といえば、三陸銘菓「かもめの玉子」を…

はなそう基金 > 伝えていく > 復興対談

ページ上部へ戻る