ブログ

Run for はなそう基金: 陸前高田からバルセロナまで走ろう 復路 in 2017

Run for はなそう基金企画「陸前高田からバルセロナまで皆で走ろう」in 2017

Run for はなそう基金のメンバー達によるバーチャルRunイベントとして2016年に始まった「陸前高田からバルセロナまで10,000km」、2017年は復路を目指します。バルセロナから海を泳いでアメリカ大陸、アメリカ大陸横断後、太平洋を飛び、東日本大震災の支援や佐藤さんの講演でご縁のある台中を経て台北への合計10,438kmのバーチャルRunです。

7月30日現在、アメリカのピッツバーグを通過し、バルセロナから7,030kmを走り終えています。

Facebookのクローズドコミュニティに参加するメンバーは55名(2017年7月末現在)、オフ会Runも行われるコミュニティとなっています。ご興味ある方はぜひご参加ください。お問い合わせはこちら

 

pin_barcelona

往路のゴールを受け、復路のルート相談が始まります。せっかくなので地球を一周しようということで反対側のアメリカ大陸ルートに決まり。さらにご縁のある台中を経て最後は台北の小籠包で〆ようということで距離は追加されましたが、途中の都市を示すミニゴールは「XXX km to 小籠包」というおいしそうな表現に。

リスボンを出てからセントジョンズに着くまでは、北大西洋を渡るための3,622kmの長ーいスイムが始まりました。あまりに長いので、Run専用単位「R」が生まれました。東京から陸前高田からまでの直線にちなみ「509km=1R」としてXXR from リスボン。着々と日々走り、その積み重ねがついに、5月23日、セントジョンズ(カナダ)に到着し、北大西洋横断達成しました!

 

その後は順調にアメリカ大陸を横断中です。国際的なマラソン大会が開かれるボストン、ニューヨークを通過し、現在はピッツバーグから次のミニゴールのAuburn Hills に向かっています。ただいま、3,117km to 小籠包です。

Run for はなそう基金は、その取り組み全体がチャリティランなので参加者をはじめサポーターたちが寄付をしてくれております。「まるごと英語で夏祭り in 陸前高田」に合わせて7月に20万円を寄付いただきました。ありがとうございます。

 

ご参加歓迎です!

(幹事団:大石、喜多羅、Post:Hiroko)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る