ブログ

英語ツアー for アメリカからのお客様

はなそう基金では、震災の学びを伝えること、国を超えて人々を繋いでいくことをミッションにしています。毎月開催している「Komo’s英語音読会@陸前高田」の参加者のお一人である、Kayoさんがアメリカからの6名のお客様たちのために、10月18日、英語で陸前高田ツアーを準備、実施してくれました。

タピック45(道の駅)、雇用促進住宅、奇跡の一本松などの震災遺構を巡りつつ、津波で何が起きたかを説明してくださいました。同時に、嵩上げ工事、防潮堤、災害公営住宅など、復興計画についても紹介いたしました。

DSC_1729

事実を伝えることと合わせ、住まわれている方ならではの思いを知ることが出来る、深い学びに満ちたツアーとなりました。津波のときにはまず逃げる、高いところ、遠いところに逃げる、そうして命を守ってほしいという教訓をあらためて伝えてくれるKayoさん。

DSC_1812

子供もお年寄りも、男性も女性も、そして海外の方々も普通に受け入れられたと感じてもらえるような街にしようという新しいまちについても話して下さいました。また陸前高田に来てどうなったか見てみたいと思ってもらえたら幸いです。

DSC_1817

Kayoさん、素晴らしいツアーガイドでした! これまで毎月の英語音読会@陸前高田の場などを使いながら、5か月にわたり準備してこられました。説明も発音もよく、内容もまとまっておりとても分かりやすいものでした。はなそう基金のボランティア達が準備を手伝いました。とりわけ、活動会員である藤島さんには、Kayoさんと準備から実施までサポートしていただきました。

DSC_0999

伝えたいことがあることが努力する原動力となっていらっしゃるのを感じます。

そして我々もまた元気をいただきました。Let ‘s move forward, together.

Hiroko

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る