ブログ

三鉄貸し切りカラオケ列車 & はなそうツアー 2017

12月の恒例イベントととして4回目となった「三鉄貸し切りカラオケ列車」に合わせ、東京から11名が三陸を訪れ、地元の皆様とカラオケとおしゃべり、そして三陸の素晴らしい景色を楽しみました。

日程:2017年12月2-3日(三鉄貸し切りカラオケは12月2日)

三鉄貸し切りカラオケ列車

土曜日は一ノ関はうっすら雪が残るようなピリリと寒い快晴の日でした。ご存知の三陸鉄道南リアス線を貸し切り、大船渡~釜石の区間を2時間ほどで往復します。今年は部活動と重なる方が多く学生の皆さまはあまり来られませんでしたが地元からは12名ご参加、初めての方もいらっしゃいました。三鉄のこの列車はクエートからの支援によるもので、内装も豪華で非日常感があります。よく笑い、歌い、おしゃべりしました。

つなかん宿泊

宿泊は気仙沼の「つなかん」です。つなかんの皆様が様々なご苦労等を越えてこられたことを報道等でご存知の方もおられるかもしれませんが、私たちは一代さん、みなさんの笑顔にまた会えてただ嬉しいです。心づくしの美味しいご飯と、飲み物、そしてまた何故かカラオケと大盛り上がりでした。温かく迎えてくださり、ありがとうございます。また来ますね。

気仙沼大島

去年訪れたメンバーからもまた行きたいという声が多かった、気仙沼大島。今年は車をフェリーに積み込んで出発。ウミネコさんたちに遊んでもらっていう間に到着。地元のK-sanが案内してくれたので、亀山から十八鳴浜と素晴らしい景色めぐりをいたしました。

山道を15分くらい歩いたところにそっと美しい砂浜と海が待っています。十八鳴浜(くぐなりはま)と言われ、天然記念物指定されています。細かな砂の上を歩くとキュッと鳴ります。大島の海は碧色で、普段見慣れている三陸の真っ青な海とまた雰囲気が違いますね。どちらも大好きです。

散策ですっかりお腹を空かせて地元のご飯どころ「こまつ」さんに。大島産の牡蠣を焼いていただきましたが大きさと美味しさにどよめきが止まりません。思い思いに好きな料理をお願いして大満足のランチタイムとなりました。

最後に浜辺におりて記念撮影ののち、復路のフェリーに搭乗しました。お天気に恵まれ、大島の美しい場所をたくさんめぐることが出来ました。一ノ関駅まで帰路は遊び疲れて眠る方々、、皆様ご参加、ありがとうございました。

三陸は週末で往復できますよ。是非お気軽に!

(Hiroko & photos by team)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る