ブログ

はなそうツアー 2013年10月19~20日

 被災地ツアー報告

2013年5回目の三陸ツアー、2012年からの累積では12回目となる被災地ツアーに行ってまいりました。

急がず、地元の方々との対話や風景との出会いを重視したのんびりした少人数のツアーです。見て、話して、感じてもらうことで、被災地のいまと頑張る個々人にこちらも元気づけられます。

 

今回の参加者は6名、ツアーガイドは奥田が務めさせていただきました。

今回から、交通費などツアー実費のほか、基金への寄付をお一人1000円頂戴しております。ご参加くださいました皆様、改めてお礼申し上げます。takada_8

<行程>

1日目 東京駅 ~ 一ノ関駅 ~ 気仙沼 ~ 陸前高田

2日目 陸前高田 ~ 大船渡 ~ 一ノ関 ~ 東京

map

 

<ハイライト>

ヤルキタウン(陸前高田)にある「ハイカラごはん 職人工房」にて。

ランチもスイーツもおいしいですが、今特におすすめは「りんごビール」。米崎は、温暖な気候と陽光で糖度の高いりんごの生産で有名な地域です。そのりんごを使って作られた地ビール。本当に美味しいです。飲む人も飲まない人も大満足でした。

ハイカラごはん 職人工房は、瓦Re: Keyホルダーのプロジェクトを通じて集まった人と資金をもとに、陸前高田に持続的なビジネスを立ち上げること、老若男女集まれる場所を作ることを目指して立ち上げられました。

yaruki_3

yaruki_2大船渡 明日へのラブレター

大船渡湾に面した赤崎にて地元の方々とボランティアの方々で、すべて手作業で作られている「明日へのラブレター」。

赤崎も津波で大きな被害を受けた地域ですが、地元の方々の団結と助け合いで津波直後の避難時期を乗り越えられたそうです。その感謝や記憶を形にとどめようと、地元の方々と一緒に少しずつ作られるモニュメントは、人の集まる場所としても成長しつつあります。

 

loveletter_1

loveletter_2

<陸前高田の風景>

高田松原に一本だけ残った一本松。周囲の復旧工事が進行しているため、迂回路をたどります。歩きやすい靴がおすすめです。

takada_5

旧市街地の風景。更地の嵩上げが始まり、景観の移り変わりが早いです。

takada_3

takada_2

小友から見る広田湾。養殖の筏も戻り、本当に美しい場所です。

takada_6

 

弾丸ツアーは、おおよそ2か月に一度開催しております(冬季を除く)。

是非一度お越しください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る