プロジェクト

  1. はなそうツアー 2015年4月11-12日

    復興が本格化し始めた三陸地方に興味を持ち、心を寄せてくださる人たちを増やしたいという想いで定期的にボランティアツアーを行っています。2015年、春のツアーレポートは、英語でのツアーとなりました。地元の方々と直接話し、景色を見、美味しいものを食べる、はなそう基金らしいツアーとなりました。

  2. はなそうツアー 2014年11月22-23日

    被災地に関心を持ってくれる方々をご案内し、地元の方々と話すツアーを継続しております。 間もなく積雪期となるため、2014年のツアーはこれが最後となります。つぎはまた春にお待ちしております。

  3. はなそうツアー 2014年9月13-14日

    ツアーの目的震災から3年半が経過しました。陸前高田の旧市街も嵩上げが本格化しています。新しい街ができるまでには10年を超える時間がかかるいわれていますが、わたしたちも”よそもの”として出来ることを長く続けていきたいと思っています。

  4. はなそうツアー 2014年8月9ー10日

    被災地に関心を持ってくれる方々をお連れし、地元の方々と話すツアーを継続しております。ツアーの目的震災から3年が経過し、地元の方々にとっては復興がいよいよ本格化してきています。一方、新しい街や産業を作るためのチャレンジングな時期であるとも感じています。

  5. はなそうツアー 2014年7月5-6日

    2014年も被災地に関心を持ってくれる方々をお連れし、地元の方々と話すツアーを開催しております。ツアーの目的震災から3年が経過し、地元の方々にとっては復興がいよいよ本格化してきています。一方、現実的に解決すべき課題に面し、チャレンジングな時期であるとも感じています。

  6. はなそうツアー 2013年10月19~20日

     被災地ツアー報告2013年5回目の三陸ツアー、2012年からの累積では12回目となる被災地ツアーに行ってまいりました。急がず、地元の方々との対話や風景との出会いを重視したのんびりした少人数のツアーです。見て、話して、感じてもらうことで、被災地のいまと頑張る個々人にこちらも元気づけられます。

  7. 日米高校生サミット in 陸前高田 2013

    7月13日に陸前高田市役所にて開催された「日米高校生サミット in 陸前高田」の共催をさせていただきました。昨年に続き2度目の開催となり、2度目の共催となります。

  8. はなそうツアー(2013年3月30日~31日)2日目

    「はなそうツアー」2日目(日曜日)は、午前中に大船渡へ。しかし、まずは朝一番に温泉で目覚まし!今回宿泊した気仙沼プラザホテルは、24時間温泉に入ることができます。夜間は露天風呂が閉まりますが、朝は露天風呂も使えます。港を見下ろす露天風呂で、雲の向こうのぼんやりとした朝日を眺めました。

  9. はなそうツアー(2013年3月30日~31日)初日

    毎月一回の「Komo’s英語音読会@陸前高田」とは別に、不定期で三陸沿岸部を訪問して人や場所と出会い、縁を深めて行くツアーを「はなそうツアー」と総称しています。震災被災地の厳しい現実だけでなく、純粋に自然や食、文化などの面で素晴らしいと思うものも積極的に情報発信していきます。

  10. 年末の訪問(2012年12月)

    12月25日(火)~27日(木)の2泊3日の旅程で、陸前高田を中心に気仙沼、南三陸などを訪問しました。年末のご挨拶です。昨年も同じ時期に1泊2日で弾丸ツアーを敢行しましたが、今年はなんとか2泊の日程を確保しました。

Pick-up Projects

  1. The Seed of Hope in the Heart 5th Edition
  2. 2021年タイムカプセル計画 [終了]
  3. Komo’s英語音読会@陸前高田
  4. Komo’s英語音読会@東京

アーカイブ

ページ上部へ戻る