ブログ

2015年4月

2015年4月の「Komo’s英語音読会@陸前高田」の実施報告をいたします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【日程・場所】
4月17日(金)夜 @「りくカフェ」 & 「モビリア仮設住宅集会所」
4月18日(土)9時~17時半 @「荒谷ママハウス」
4月19日(日)9時~12時  @「荒谷ママハウス」

【参加者数】
45名 (2回参加の方をカウントすると、のべ46名)

【ボランティア講師】
18名(内、全日程参加12名、部分参加6名)(新規参加3名)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

20150418 TEAM

 

(写真は2015年4月のボランティア講師で、4月18日(土)の昼時点で現地にいたメンバーです)

【Key Topics of the Month 】

1.北国の春、英語の歌声響く

2.月山神社を世界へ

3.台湾から陸前高田へ

————————————————

1.英語の歌声、青空に響く
4月から、昨年春まで音読会の会場としてお借りしていた旧ママハウス付近にウッドデッキが出来ています。その上に張ったテントで、今回は何組か青空教室となりました。以前にもご紹介した、英語の歌を教材にしておられるお二人。今回は、青空教室で「北国の春」英語版を継続練習。その声を聞きつけて、手の空いていたボランティア講師メンバーも集まって来ました。快晴の空のもと、英語の歌声と人の輪。いいですねぇ~(^^) 5月から、毎年恒例の奇数月の「懇親バーベキュー」が始まります。その席上で、「北国の春」英語版も披露される予定です!

20150418 spring02 20150418 spring03

 

2.月山神社を世界へ
月山神社(気仙町)禰宜夫人の荒木啓子さんは、英語音読会でずっと神社関係の英文を教材にされています。これまでは、代表的なものをということで、伊勢神宮の英文パンフレットを教材にしておられました。そしてこの4月から、いよいよ次のステップへ!月山神社の歴史やストーリーなどについて、独自の解説文を英語で作成していくことになりました。地元にある良いものを、地元の人が、英語を通して世界に伝えていく。それは、はなそう基金の目指す方向性でもあります。荒木さんの取り組み、応援して参ります!

 

keiko araki-san
3.台湾から陸前高田へ
昨年6月、「佐藤たね屋」代表の佐藤貞一さんが台湾に渡り、震災後の支援への御礼と復興に向けた努力の姿を伝える行脚をしてから、もうすぐ一年になろうとしています。その際に現地で生まれたご縁をたどって、今後は台湾の南山ロータリークラブの皆さんが陸前高田に来てくださいました。三陸被災地への訪問先として、山田や気仙沼とともに陸前高田を選んで下さり、佐藤貞一さんと再会!そして今回、大坂芙美子さんにも一行の受け入れと案内をお願いし、また新たなご縁が広がりました。海外にメッセージを発信することが、人の交流として具体化していく実例ですね!伝えたい思いのある人、外国語を勉強して、実際に伝えていきましょう!日本の外には、69億人もいるのですから!

20150417 Taiwan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

まるごと英語で夏祭り in 陸前高田 2018

アーカイブ

ページ上部へ戻る